お気に入り

カート

ログイン

検索

メニュー

閉じる

さくらんぼの保存方法は?長持ちさせるコツやおすすめアレンジレシピも紹介

さくらんぼの保存方法は?長持ちさせるコツやおすすめアレンジレシピも紹介

初夏の季節に旬を迎える人気の果物、さくらんぼ。せっかくゲットしたなら、少しでも長く美味しく楽しみたいですよね。そこで今回は、さくらんぼの上手な保存方法について紹介します。常温・冷蔵・冷凍それぞれのコツや、食べきれないときに役立つアレンジレシピも紹介するので、さくらんぼの保存や消費に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね♪

さくらんぼの正しい保存方法は?

さくらんぼはデリケートな果物で、追熟の必要もありません。そのため最も美味しい状態で味わうには、購入後すぐに食べるのがベストです。とはいっても、1日で完食するのは難しいこともありますよね。そんなときは、さくらんぼの性質に合わせて正しく保存することで、美味しさや鮮度を長持ちさせることができます◎では具体的に、常温、冷蔵、冷凍それぞれの保存方法についてチェックしていきましょう!

基本的に常温で保存

さくらんぼは温度変化に弱いので、基本的には常温で保存するのがおすすめです。正しく保存すれば、冷蔵庫に入れなくても3日ほどは日持ちします。常温での保存方法は、ペーパーを敷いた保存容器にさくらんぼを重ならないように並べて、ペーパーで包むようにして蓋をします。このとき、あまりみっちり詰め込み過ぎると果肉が傷みやすくなるため、比較的小さいものだけを保存するようにしましょう。保管場所は直射日光の当たらない、風通しが良く涼しい場所を選びましょう。

冷蔵保存する場合

冷蔵保存するときは急激な温度変化を避けるため、野菜室で保管しましょう。冷蔵保存の場合も日持ちは3日ほどですが、特に冷蔵状態で購入したさくらんぼは、常温より冷蔵保存の方が劣化し辛く長持ちします。保存方法は常温保存と同じくペーパーを敷いた容器にさくらんぼを入れて包み蓋をします。水分が出ている場合は、ペーパーで優しく拭き取ってから容器に入れてくださいね。

冷凍保存する場合

さくらんぼは冷凍保存することで保存期間がグンと伸びます。保存方法はさくらんぼを軽く洗い、水気を拭き取ったら冷凍用の保存袋に重ならないように入れて空気を抜き、密閉して冷凍庫で保管します。こうすることで、約1ヶ月ほど日持ちします。解凍するときは常温に3分ほど置いてから食べると、シャーベットのような味わいを楽しめます。完全解凍してしまうと、水分が出て食感が悪くなってしまうため注意が必要です。冷凍さくらんぼは他にも、ジャムやコンポート、ケーキなどにも活用できるのでおすすめです。

さくらんぼを保存するときの注意点は?

先ほど紹介したように、さくらんぼは非常にデリケートな果物なので、保存にはあまり向いていません。そんなさくらんぼの食べ頃を逃さず、最後まで美味しく味わうためには、保存するときの注意点をおさえておく必要があります。ではさくらんぼを保存するときに気を付けたい、3つの注意点について詳しくみていきましょう!

できるだけ早めに食べきる

さくらんぼは新鮮なうちに食べるのが1番美味しいので、なるべく早く食べ切るのがおすすめです。常温、冷蔵保存の場合は3日以内、冷凍保存の場合は1ヶ月以内を目安に食べきるようにしましょう。また数日のうちに食べきれそうにない場合は、早めに冷凍しておくと、美味しさをキープしたまま長期保存できますよ。

温度と湿度の変化に注意

さくらんぼは温度変化に弱く、基本的には常温で販売されていることが多いです。そのため購入後は家庭でもそのまま常温保存するのが良いでしょう。またさくらんぼは湿度変化にも弱いので、冷凍保存以外では水洗いせずに風通しの良い場所で保存するのがポイントです。

クール便は冷蔵保存

店頭で販売されているさくらんぼに対して、お取り寄せやギフトの場合はクール便で送られてくることが多いです。この場合は温度変化を避けるため常温保存は避け、冷蔵保存または早めに冷凍保存してしまうのがベストです。クール便で送られてきたさくらんぼは結露によって水分が付着しやすいので、水気をしっかりと拭き取ってから保存しましょう。

食べきれないときにおすすめのさくらんぼレシピ

どんなに気を付けて保存していても、さくらんぼは思ったより早く傷んでしまうこともあります。また贈り物などで大量に頂いて、とても数日では食べきれそうにないなんてこともありますよね。ここでは、そんなときに役立つさくらんぼのアレンジレシピを3つ紹介します。デリケートで日持ちしないさくらんぼですが、調理することで長期保存できるようになったり、消費効率をアップさせることも可能です◎さくらんぼの消費にこまったときは、ぜひ活用してみてください!

ジャム

定番のさくらんぼジャム。さくらんぼを砂糖やレモン汁と一緒に煮込むだけの簡単調理で、初心者でも気軽に作れるのが嬉しいポイントです◎
瓶詰にすれば、冷蔵庫で2~3ヶ月ほど日持ちします。ヨーグルトやトーストにかけるなど色々楽しめて、毎日の朝食やおやつにぴったりです。

<材料>

さくらんぼ…500g(軸を除いて)

砂糖…150〜200g

レモン汁…大さじ3

<作り方>

1. アルミ製以外の鍋にさくらんぼを入れ、砂糖とレモンを半量まぶす

2. 中火にかけて沸いたら弱火にして15〜20分煮る

3. 灰汁をとりながらさくらんぼが柔らかくなったら火を止め粗熱をとる

4. 冷めたら指で摘んで種をとり、果肉は別の容器に移しておく

5. 鍋に残った汁と砂糖と種を加えて弱火で煮詰める

6. 好みの状態まで煮詰まったら種を濾す

7. 取っておいた果肉と併せて加熱し、沸騰後5分火にかける

8. 粗熱が取れたら清潔な容器に入れて完成

ケーキ

ヨーグルト入りで、しっとりと焼き上げたさくらんぼのケーキ。きび砂糖を使うことで素朴な甘さになり、グラニュー糖よりヘルシーで体にも良いおやつです◎さくらんぼはたっぷり1パック分(約200g)を消費でき、焼き菓子なので冷蔵庫で3~5日は日持ちさせることができますよ。

<材料>

さくらんぼ…1パック(約200g)

小麦粉…20g コーンスターチ…20g

卵…2個

きび砂糖…40g

溶かしバター…20g

ヨーグルト…大さじ2

牛乳…100cc

バニラエッセンス…1g

<作り方>

1. 型にバターを塗り小麦粉を振っておき、オーブンは180度に温める

2. ボウルに卵、きび砂糖、バター、牛乳、バニラエッセンス、ヨーグルトを入れてよく混ぜる

3. 2のボウルに小麦粉とコーンスターチを混ぜ合わせたものを振るいながら入れて混ぜ合わせる

4. 生地を型に流し込み、さくらんぼも入れてオーブンで35〜40分焼き上げて完成

冷製パスタ

「さくらんぼをパスタに?」と不安に感じる人も多いと思いますが、実はさくらんぼはオリーブオイルやお酢と相性バツグン◎パスタ以外にも、サラダやカルパッチョに添えるのもありですよ。さくらんぼの甘酸っぱさは、トマトベースのソースにアクセントを加え、通常のパスタより爽やかでフルーティーな味わいを楽しめます。

<材料(2人分)>

さくらんぼ…30〜40個

パスタ…160g

カットトマト缶…100ml

ミントの葉…10〜20枚

バルサミコ酢…大さじ2

はちみつ…大さじ1

オリーブオイル…大さじ1

塩…小さじ1

<作り方>

1. さくらんぼは半分に切って種をとり、ボウルに入れてフォークで潰す

2. トマト缶、バルサミコ酢、はちみつ、オリーブオイル、塩を混ぜて冷蔵庫で冷やしておく

3. パスタは表示通りに茹でて水で洗い、しっかりと水気をとる

4. ミントの葉を刻んで2に加える 5 パスタをソースを和えて完成

まとめ

今回は、さくらんぼの保存方法について紹介しました。さくらんぼを美味しく保存するには、温度と湿度の変化に注意することが大切。購入したときの状態に応じて、常温、冷蔵、冷凍の中から保存方法を決めましょう!さくらんぼは、上手に保存すれば美味しさをキープしながら一定期間は日持ちしますし、もし食べ頃を過ぎてしまってもアレンジレシピを活用すれば、最後まで美味しく食べることができます◎旬の時期には、佐藤錦をはじめとする美味しいさくらんぼがスーパーにも多く出回るので、食べきれないからと諦めず、まずは手に取ってその魅力を味わってみてくださいね♪